FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリ、最初のバカンスでの大変な思い出。

1997年 赴任後最初のバカンスは ディジョン、スイス、イタリア
ボーヌの10泊11日に決定。

まだ若かったのと何しろ旅好きの我が家。華のフランス駐在(笑)と、
その上貯金するという発想が無かったので、
我々としては滞在ホテルも結構贅沢な思い切った日程を組んだ。

旅の主目的は3つ。
1,8月1日のスイスの建国記念日に グリンデルワルドで大花火を見て
ユングフラウへ登山鉄道で登る。
2,北イタリアのコモ湖で何もせずゆっくりする。
3,そしてミラノでは高校時代の仲間3家族でのゴルフと食事。

7月30日パリを早朝に出発、最初の目的地ディジョンに向かう。
A6(フランスの高速道路、オートルート6)を300Kmリヨン方面へ。

巡航速度120キロで途中休憩を入れて3時間。日本の高速と
比較し、ほぼ距離を120で割ると到着時間の予測がつく。

オートルートの制限時速は130キロ、様々な車があるが
だいたいは速い。ヨーロッパの人は日本より、アメリカより、
スピードを出す人が多い。しかもフランス、イタリアは
制限速度よりも速い個人速度を勝手に決めている人が多い・・・と思う。

エアコンの付いてない我愛車BMW520で快調に飛ばす。
さすがBMW520 平地での高速安定性は抜群だった。

何事も無くディジョン到着。ディジョン市内をぐるっと観光し
ムッタール社の からし(マスタード、粒マスタード、
量り売りが新鮮で絶品)を買い込みホテルへ。

初日は何事も無く、全く疲れも感じず、全員がバカンス初日の興奮と
ワインで爆睡した。

翌日朝、グリンデルワルドへ向け出発。
ホテルの駐車場、先ず第1番目のずっこけ。トランク内整理の為
荷物を入れ替えた。その時なんと冷たいジュースを詰めた大きな
クーラーボックスを駐車場に置いたまま出発してしまったのだ・・・ 

A38を使い、ブザンソン経由でスイスへ。
ブザンソン手前のドライブインでクーラーボックス忘れ発覚。
ちょっと非難を浴びるが まー仕方ないと全員で諦める。

ニューシャテル、ベルン、インターラーケン、そして目的地
グリンデルワルド。
途中山道もあり距離的には300キロほどと思うが気を引き締めて、と。

スイス国境手前で家内が、”パパ スイスってパスポート必要だよね?”
そうそう、勿論何処へ行くにもパスポートの携帯義務はある、でも、
”ごめん、皆のパスポート玄関に忘れた・・・・・” えーーーーー!

スイスはユーロに加盟しておらず、出入国にパスポートは当然必要。
車中家族会議で、パスポートのコピーがあるから
行くだけ行って見ることに。

スイス国境検問所。あれ?全く呼び止められず、そのまま通過・・・
いいの? 人相が良かったのか?ノーチェック通過、やったーー。

無事 ニューシャテル、ベルン経由でグリンデルワルドに入る。
スイスに入ってしまえば後はちょっといい加減なイタリアだ。
そしてこの油断がおおいにいけなかった。

励ましのクリックを・・・


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ムッシュアプレミディ

Author:ムッシュアプレミディ
28年のサラリーマン生活の半分の14年間の海外駐在と50歳での語学留学の経験あり。

帰国後、家族で見知らぬ土地、仙台で輸入雑貨カフェをオープン。

テニス・ゴルフ・スポーツ観戦が趣味。

ブログで世界旅行 (ヨーロッパ編)


presented by ネット旅行.com

FC2カウンター

FC2ブログランキング

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。