FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロスからミラノへ

ホノルルから5時間ほどのフライトで早朝のロスへ。
でっかい空港に到着,すぐ巡回バスでBA(英国航空)の
搭乗ゲートへ。

3時間ほどゲート近辺のバーで時間をつぶし、予定通り
BAの搭乗ゲートに。不安だったロスでの乗り継ぎも何事も無く、
ちょっとホッとして搭乗案内を待っていた。

1時間も待っただろうか、やっと搭乗案内が、
案内通り列に並ぶが全く列が進まない。
乗客が騒然とし始めた頃信じられない放送が。

正直何を言っているか解らなかったが、なんと
私が乗るロンドン行きの便が18時間出発が遅れたのだ。
後でわかるのだが爆破の脅迫による遅れだった。

BAの用意したホテルでゆっくり出来たのだが、恐ろしく長い
トランジットタイムだった。
結局18時間遅れで何とかロンドンへ向け出発した。

12時間半程のフライトでロンドンへ。
ヒースローに着陸・・・と、ここで又すぐには降りられない。
30分程だったかBAのジャンボはロンドン上空を旋回し、
なんとジャンボ機でロンドン遊覧。

当時ハワイの仲間は誰も信じてくれなかったが、
パイロットがロンドン上空を旋回しながら
バッキンガムやビッグベンの観光案内をしてくれたのだ。

やっと到着。その足でくたくたに疲れてミラノ行きのBAに搭乗した。
その時ヒースローは混雑しなかなか出発しない。
アルプスを見たくて窓側を予約していたその小さな窓の下に
何故かポツンとひとつのスーツケースがある。

ネービーブルーの鶴のマークのシールが、え!俺の
スーツケース だよな? まさか と思ったがまさに
私のスーツケースだったのだ。

私は下手な英語で思いっきり自己主張。隣の席の人も応援してくれた。
出発寸前の状態から、結局1時間遅らせることになったのだが
スーツケースは無事に積まれた。でも周りの欧米人は紳士そうに
振舞っていたが、おもいっきりいらいらしていたのを感じた。
私のミスではないのに、ちょっと、いたたまれない気持になった
初めての出張だった。


ブログランキング参戦中。応援クリックをお願いします、




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ムッシュアプレミディ

Author:ムッシュアプレミディ
28年のサラリーマン生活の半分の14年間の海外駐在と50歳での語学留学の経験あり。

帰国後、家族で見知らぬ土地、仙台で輸入雑貨カフェをオープン。

テニス・ゴルフ・スポーツ観戦が趣味。

ブログで世界旅行 (ヨーロッパ編)


presented by ネット旅行.com

FC2カウンター

FC2ブログランキング

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。